2019年 栽培記録

 1月4日、今年も、剪定からスタート。
 今年は、比較的暖かく、天気も良い日が続きそうなので、
 順調に作業出来そうです。
 ・昨年の夏に伸びた枝です。
 一夏で、身長以上に、伸びるって、すごいですよね。
 上の夏芽には、4~5cm位の、強烈なトゲがたくさん有り
 処理が大変です。
 良く踏んで、靴を貫通することは、しばしばです。
  ・何か、悩みあるの?
 背中を丸めて、暗いよ!
   ・3月25日、育ちの悪い、品種のみかんの木を引き抜き、
 別の品種の木を定植しました。
 私は、55歳、この木が一人前になる頃には、60歳を過ぎている。
 無事、収穫したい。
   ・今年は、暖かく桜の時期から草刈の開始です。
 この調子で行けば、何回草を刈らなくちゃいけないのかなぁ?
   ・地面に見える白い物体は、牡蠣の殻です。
 知り合いの居酒屋さんからの提供でカルシウムの補給に
 役立ってます。
   ・牡蠣殻も一緒に、土中に打ち込みます。
   ・中耕が終わると、排水用の溝を畝上げ機で
 切って行きます。
   ・中耕と溝切が完了です。
 今一時、草も無く、奇麗な状態ですが、2週間も過ぎると、
 草で真っ青になります。
   ・今年も、例年と同じく、4月28日に開花が見られました。
 桜の花が、遅かったので、少し心配していましたが
 例年通り開花したので、一安心です。
   ・花が着き過ぎた木は、樹勢が弱くなるので、
 木の上の方の花は、摘み取って行きます。
   ・ふるさと納税の勉強会に出席して見ました。
 講師の方々の、大変貴重な、話を聞けて勉強になりました。
   ・夏場の草刈、暑くて大変です。
 この畑の草刈も、4周り位かなぁ。
   ・8月に入って、摘果を始めました。
 今年は、暑さが厳しく大変です。
   ・みかんの実も、段々大きくなって来たので、
 重さに耐えきれなくなって来た枝を、下から支えて上げます。
   ・8月になると、段々果汁も入って来て、みかんらしく
 なって来ました。
   ・双子みかん発見。
 たまには、こんなみかんも出来ちゃいます。
   ・みかん畑の、土中からせみが続々。
 周りでは、うるさい位に、せみが鳴いています。
   ・作業をしていると、鳥の巣の空き家が。
 どんな鳥だったのかなぁ。
   ・くわがた発見!
 最近では、この辺でも、くわがたを見かける事が少なく
 なりました。
   ・雨の日の仕事。
 みかん箱に、入っている、貝殻の袋詰めをしています。


 トップページ